| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
レフ板を投入しました
今までレフ板的なモノとして
ダンボールの板にアルミホイルを張り付けていたものを使っていたのですが
ボロボロ崩れ落ちてきたりと劣化が激しくなってきましたので本格的(?)なレフ板を購入しました。

15日3
80cmサイズということでドール撮るには充分な大きさでしょうか。
大きさの割に1000円ちょっととお手頃価格♪
なお、裏面は白レフになっています。

レフ板購入にあたって所謂指南サイトを色々拝見したのですが
「部屋撮りは光量が足りない!なので銀レフだ!」と仰るサイトもあれば
「基本は白レフで!銀は光が強すぎて不自然になる!」と仰ってるところもあり
どのサイトももっともな事書かれてると思えるだけに
結局は自分で考えないとダメか…ということで色々試しつつやってみようと思います(^^;
確か以前にストロボ指南サイト巡ってた時もこんな感じだったような…(笑)



15日1
そんなわけでレフ板試し撮りにカナをモデルに一枚♪
お迎え以来のまともな(?)シチュエーションでパシャリ(´∇`)
健全成分も補給しませんとね(笑)

それにしても窓際撮りの際、
ふとん干す用に増設したこの柵がこれほど邪魔になろうとは…(;´Д`)



15日2
アキを追加しての学校帰りの買い食いシーンというところでしょうか。
「ちょっと頂戴よ~」みたいな?

スクールバッグがあればもっと臨場感UPなのですが…!
通販ではなかなかこのサイズのは見かけないのが残念なところ;
飲食系アイテムももう少し充実させたいですしね。
この辺は今度のドールズミスに望みを託すと致しましょう!



にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

■拍手どうもありがとうございます! とても励みになっています!■
DD | comment 10 | Top ↑

Comment

こんばんは~

丸レフ導入したんですね~
銀・白との事なので、1つあれば重宝すると思います。

正直言ってしまうと、銀と白は好みですねぇ~
こう言うと何の解決にもならないですが…(´Д` )>

私の場合は基本は白なのですが、曇りであるとか、光にメリハリがない時などに銀を使う事がありました。(今はレフを持っていません)
考え方ですが、白は柔らかい光ですし、銀は硬い光になります。
それぞれ光の質が違うと言う事なのです。
表現したい事に合わせて選択してあげたら良いと思いますよ~
( ´ ▽ ` )
なにはともあれ、テスト、テスト。(^∇^)/
こんばんは

>結局は自分で考えないとダメか…ということで色々試しつつやってみようと思います(^^;

僕もちっこいレフ板は持っていますが、
最近はとりあえず光を入れることを先に考えています。
ライトを買ってみたりと散財です~
こんばんは!80cmで1000円って格安ですね。これはお買い得かも~。
ただ80cmだと結構風にあおられるので外で使うときはほぼ無風状態でないと
扱いにくいかもしれません。私は白レフは快晴。銀レフは曇りのときに使っています。蛍光灯の弱い光の室内ですと銀レフを主に使っています。
食べかけのたい焼き良い小物ですね。是非人数分欲しいところです。
今の季節に、たい焼きはマッチしているので野外のアイテムとしても良いかも!
dabuwanさん、こんばんは!

> 丸レフ導入したんですね~
> 銀・白との事なので、1つあれば重宝すると思います。

そうなんですよ~。
アマゾンさんで大きさ、価格、評判など考慮しました末
こちらの丸レフを購入した次第です。
銀と白を使い分けできるのがありがたいですね(^^
サイトによってこの2つは意見が割れてましたんで…



> 正直言ってしまうと、銀と白は好みですねぇ~
> こう言うと何の解決にもならないですが…(´Д` )>

いえいえ、やはり10人いらっしゃると10人のお考えがありますからね。
これが正しい!という答えが出ることのほうが稀だと思います。



> 私の場合は基本は白なのですが、曇りであるとか、光にメリハリがない時などに銀を使う事がありました。(今はレフを持っていません)
> 考え方ですが、白は柔らかい光ですし、銀は硬い光になります。
> それぞれ光の質が違うと言う事なのです。
> 表現したい事に合わせて選択してあげたら良いと思いますよ~
> ( ´ ▽ ` )

なるほど、白も銀もそれぞれ長所と短所があるんですねぇ。
そうなりますとやはりその時の環境と目的によって
当てる光の質を変えていくのが良さそうですね♪
とてもわかりやすく参考になるアドバイスどうもありがとうございます~!(´∇`)



> なにはともあれ、テスト、テスト。(^∇^)/

確かにあれこれ考えるよりも実際に色々試してみるのが一番ですね!(゚∀゚)ノ
次回からも積極的に投入していきたいと思います。
ジューニョさん、こんばんは!


> >結局は自分で考えないとダメか…ということで色々試しつつやってみようと思います(^^;
>
> 僕もちっこいレフ板は持っていますが、
> 最近はとりあえず光を入れることを先に考えています。

仰る通り、光は大事ですもんね。
私も今の部屋撮りで感じるのは絶対的な光量の少なさなんですよね~;
レフ板問題は今回で一応解決したとして
今後は一灯ぐらい追加することを考えますかねぇ。



> ライトを買ってみたりと散財です~

最近ではLEDでの小型ライトなんかも出てますよね♪
モノによっては結構な散財になりそうですが
妥協して後悔…ということもありますし、どこで線引くかですね(^^;
本当、ドール沼は色々底なしです(苦笑)
乃木大将さん、こんばんは!


> こんばんは!80cmで1000円って格安ですね。これはお買い得かも~。

そうなんですよ、アマゾンさんで購入したのですが
大きさ、白と銀の使い分け、お手頃な価格 と三拍子揃ってましたので
こちらに決めました♪



> ただ80cmだと結構風にあおられるので外で使うときはほぼ無風状態でないと
> 扱いにくいかもしれません。私は白レフは快晴。銀レフは曇りのときに使っています。蛍光灯の弱い光の室内ですと銀レフを主に使っています。

確かに薄くて軽い割に表面積は広いですから
見るからに風には弱いことがわかります(;´Д`)
野撮の場合はやはり天候によって白と銀を使い分けるのが吉みたいですね。
とはいえ、今の私ではまだ 野撮<<<部屋撮り という頻度ですし
当面は部屋撮りでの光の当て方を色々と試してみようと思っています。



> 食べかけのたい焼き良い小物ですね。是非人数分欲しいところです。
> 今の季節に、たい焼きはマッチしているので野外のアイテムとしても良いかも!

今の季節にはバッチリということで
当ブログではコート&マフラー時、
そして下校シチュエーションの友としてしばしば登場します(笑)
昨年度の晩秋の野撮にも投入したことがありました(^^

こちらは前回のドールズミスで購入したものなのですが
お値段もワンコインと手頃でしたし今思えばもう少し数揃えておきたかったですね;
次回も同じディーラーさんが販売して下さってると良いのですが…
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Mさん、こんばんは!
こちらこそいつもどうもありがとうございます!
当ブログも更新内容=酒屋学園での日常 というスタイルに
シフトしつつありますでしょうか(^^;
健全からインモラル(?)まで節操なくやらせていただいてますが
生温かく見守っていただけますと幸いです!


えええ、なんとそのようなことが…!Σ
ブログが制限されてしまっていたのはそういうことだったのですね。
私としましてもMさんのブログが拝見できなくなるのはとても寂しいことですし
今はまだ難しいかもしれませんが
いつかまたブログを再開される日を心待ちにしております。

こちらのブログは今後も細々と続けさせていただくつもりですので
宜しければいつでも遊びにいらして下さいませ!
こちらこそ改めて今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
逆光で撮るとき、被写体の照度が落ちますのでレフ板で被写体の照度を補ってやり全体のコントラストを上げ過ぎないのは、ライティングの鉄板ですので是非やって頂きたいです。

レフ板の白か銀かは所詮反射板なので光質は白が良いのだが照度が足りないとき光が硬めだけど反射率の高い銀を使う場面が出てくるだけです。

銀レフは確かに光質は固いのですがそれも反射元の光質によって硬さは変わってきます。
例えば外の直射日光を銀レフで返せばかなり硬めな光質となりますが窓辺のレースのカーテン越しの光を返せばかなり柔らかい光となります。

レフ板の自作は別に貧乏くさいとかそんなことなくて私も買ったレフ板も使いますが、持ち歩きを度外視すれば自作のレフ板の方が好みの光質なのでよく使います。
市販のは銀レフの反射面がてかてかすぎるんですよね、自作のはアルミホイルの裏面を表にした奴で片面粘着のスチロール板に張り付けて使っています。
銀の反射の拡散具合が丁度いいんですよね

そういう私は最近レフ板はあまり使ってなくて、ストロボ+ソフトボックスなのですが・・・
光の色合わせとかちゃんとやればレフ板より自在な光が当てられますから・・・

写真は光が無ければ写らない訳で、光のマネジメントはカメラやレンズのグレードを上げるより大切な気がします。
殆どの写真は入門用一眼レフ+標準ズームで美しい写真は撮れると思います。
まず、目で見て美しい光の状況を作るというのは大事だと思います。
綺麗じゃないものはどんな高いカメラに良いレンズ付けてもつまんない画しか撮れないと思いますからw
ハッピーさん、はじめまして。
当ブログ管理人のLiquorhouseと申します。
この度はコメントを頂きましてどうもありがとうございます。


> 逆光で撮るとき、被写体の照度が落ちますのでレフ板で被写体の照度を補ってやり全体のコントラストを上げ過ぎないのは、ライティングの鉄板ですので是非やって頂きたいです。

この趣味に飛び込んで数か月、考えなしに撮り続けていた日々でしたが
ようやくライティングを意識しつつ試行錯誤する段階に足を踏み入れたというところでしょうか。
今回教えて頂いたライティングの鉄板、心に留めて実践していきたいと思います。





> レフ板の白か銀かは所詮反射板なので光質は白が良いのだが照度が足りないとき光が硬めだけど反射率の高い銀を使う場面が出てくるだけです。

> 銀レフは確かに光質は固いのですがそれも反射元の光質によって硬さは変わってきます。
> 例えば外の直射日光を銀レフで返せばかなり硬めな光質となりますが窓辺のレースのカーテン越しの光を返せばかなり柔らかい光となります。
>
> レフ板の自作は別に貧乏くさいとかそんなことなくて私も買ったレフ板も使いますが、持ち歩きを度外視すれば自作のレフ板の方が好みの光質なのでよく使います。
> 市販のは銀レフの反射面がてかてかすぎるんですよね、自作のはアルミホイルの裏面を表にした奴で片面粘着のスチロール板に張り付けて使っています。
> 銀の反射の拡散具合が丁度いいんですよね


レフ板についての丁寧なご説明、どうもありがとうございます。
白も銀も最終的にはやはり状況によっての使い分けということですね。
今回のレフ板ですが白と銀どちらも使ってみた感じ、
仰るように銀側は少々テカりすぎな感もございますし
自室のカーテンがレースではないということで
当面現在の部屋撮りでは白を基本として照度を補う練習をしていこうと思います。




> そういう私は最近レフ板はあまり使ってなくて、ストロボ+ソフトボックスなのですが・・・
> 光の色合わせとかちゃんとやればレフ板より自在な光が当てられますから・・・
>
> 写真は光が無ければ写らない訳で、光のマネジメントはカメラやレンズのグレードを上げるより大切な気がします。
> 殆どの写真は入門用一眼レフ+標準ズームで美しい写真は撮れると思います。
> まず、目で見て美しい光の状況を作るというのは大事だと思います。
> 綺麗じゃないものはどんな高いカメラに良いレンズ付けてもつまんない画しか撮れないと思いますからw

光量については未熟ながらもストロボ光を壁や天井にバウンスさせたりしつつ
時々混ぜてみたりと試行錯誤してはいるのですが
確かに光の具合ひとつで全然写り方が違ってくるのは非常に興味深いところですね。
今後は今まで以上に光の作り方を意識しつつ
よりウチの子たちを綺麗に撮れるよう、経験を積んでいきたいと思います。

この度はご丁寧なアドバイス、どうもありがとうございました!

Write Comment







  Only to a master?
| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。